中学受験を振り返る~のびこの場合~

御三家は届くか届かないかだけど、難関校の合格は是が非でもとりたい女子の記録

Sという塾-序

行動経済学の有名な理論に「選択のパラドックス」というものがあります。

 

 

選択のパラドックス

「選択肢が多いと得をしたような気になるが、あまりにも多くの選択肢があると、人は選ぶことが困難になる。心理的な負担を感じ、やがて無力感が生まれ、結果的に満足度が下がる。」ということらしいのですが。
床に積み上がっていくSのテキストを前に、この理論が幾度も私の脳裏をよぎったものです。
果たして、多くの「選択肢」が与えられるSのテキストは「得」なのか。
「さすが高い授業料に見合う問題量ね。素敵だわ。選り取り見取りよ、〇〇ちゃん。本当に幸せね。」と思う親と子がどれほどいるのか。実在しそうなのがSのこわいところですが、この選択肢の多さはむしろ多くの家庭に不幸をもたらしているのではないかと問うてみたいところです。

まわせまわせ。
常に走り続けろ。
立ち止まるな。
さあ、どこまでいける?

f:id:nobikomama:20210305161603p:plain

積み上がっていくテキストとの戦い 

Sのテキストとの戦いは私にとってこんな感じ。ちょっとでも休んだら、途端にテキストが限界の処理容量を超えてしまうから、常に追われている。
うっかり気を抜いてため息でもつこうもなら、「無力感」が心にしのびよってくる。いったんこれにとりこまれると、走れなくなりそうだから、思わず出そうになるため息に「いかんいかん。運が逃げる」と何度、自分を鼓舞したことでしょうか。

中学受験界においてぶっちぎりNO1といわれるテキスト。
やろうと思えば果てしなく-もはや無限地獄のわんこそばかと思うほどに-、秀逸な課題が目の前に用意されるのです。常に膨大な「選択肢」がつきつけられます。

やる。やらない。やったほうがいいか。これも大事か。あれも大事だ。これもやりたい。あれもやりたい。だけど時間がない。ムリだ。よし、これはナシだ。これもナシでいい。闇に葬ったものはもはやなかったことにするのだ。気にするな。目の前の課題をこなすのだ。

前を向け、後ろを振り返るなと己に言い聞かせ、火曜日のテキストを仕分けて、コピーして、すぐに木曜日にテキストが来て、コピーして、土曜日にどんときて、コピーして、日曜日にどさどさっときて、そしてまた火曜日が来て・・・。
「後で時間があるときにやろう」などと思っても、「時間があるとき」など永遠に訪れるはずもなく。「後でやろう」コーナーもBOXいっぱい・・・。

エンドレスぢゃ~ん。
もう、オイラ、泣くわ。泣くしかないわ。

 

求められる「自己責任」

けれど、それよりも私がいちばんキツかったのはその取捨選択が合っているかどうか、判定してくれる人は誰もいないということへのこわさです。
すべての責任は自分が負っているのだという、そのこわさは6年の12月以降、すべてのテストが終わった追い込みの時期にピークになりました。
ひとつひとつの自分の判断の積み重ねの先に、志望校の合格があるのか。
今、親が指示し、子を歩かせているその道は、本当に志望校への合格に通じているのか。
本当にこの方法で合っているのか。

けれど、どんなに不安に苛まれようと親が揺らいではいかんのです。今までずっと親子で並んで勉強してきて、子は私を信じてついてきてくれたのだから、ここで私が不安な顔を見せてはいけない。その一念でした。うん。このあたり、キツかったな。

 

Sの厳しさは聞きしに勝る

うすうすお気づきの方も多いでしょうが、我が家は転塾組です。
宿題について資料に書いてあったり、保護者会で説明されたり、困った時は教科の先生に電話で相談したりできるのはSも前の塾も同じでした。
学校行事等のスケジュールから勉強に充てられる時間を割り出し、その週の教科、さらに単元の凸凹にカスタマイズした学習の組み立てをするのも同じです。
けれど、Sという塾は、その「秀逸な」教材が到底こなしきれない量であるだけに、親の判断に委ねられる部分がとても大きかった。親にのしかかる重圧がとても重い塾でした。まさに「聞きしに勝る」でした。
しかも、量の問題だけではないのです。とても有名な話ですが、Sのテキストはプリント形式。子がテキストを持ち帰ってくるまで内容はわからない。親に「予習」をする時間がない。「事前に準備しておく」ことができない。
子がテキストを持ち帰ってきた瞬間に、親の仕事が始まるのです。その日その日でまわしていく量が膨大で、とにかく時間がない。
子の初めての受験なのか2人目なのか、自分に中受の経験があるかないか、経験値の差がより大きく出るのもSだと思います。

我が家の家庭学習はうまくいっていたのかどうか。
うん。自信ないな。
そんな話も追々していけたらと思っています。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

「追々」がいつになるかの自信はない・・・。 


人気ブログランキング