中学受験を振り返る~のびこの場合~

御三家は届くか届かないかだけど、難関校の合格は是が非でもとりたい女子の記録

中受のレベルはそもそも普通の小学生にはムリゲー

「中学受験は親子の受験」という呪いの言葉がもたらす弊害のひとつはともすれば「親」の勉強になってしまうこと

 

 

親主導で進めてしまうことの弊害

気をつけなければいけないとわかりながら、のびこの「授業で理解する力が弱い」と気づきながら、目の前の課題に追われて問題を先送りにしてしまった。のびこの成長を待てずに親主導で進んでしまった自覚が私にはあります。
進学先が「先取りはしなくていいですよ」とおっしゃるのは、前回の記事ののびこのような中途半端な勉強はむしろ害にしかならないということをよくご存知だからなのだろうなと。  

oyakodenarande1200days.com

それを承知で、サプリでの自習をしている目的はのびこに「勉強は自分がするという意識を強く持つようになってほしい」からです。

当たり前すぎます。当たり前なんですけれどね。
中学校に入学する前に、のびこの勉強に対する姿勢を変えないといけないなと思ったのです。私の中学受験における最後の仕事かなと。

 

「授業が分からない」の負のループ

振り返ってみて、中学受験の勉強がいちばん大変だったのは家族満場一致で4年生の時です。むしろ、「大変だ大変だ」と言われていた5年後期はいつその大変な波が来るのかと思いながら存外楽に過ぎていった気がするほどです。
入塾してすぐに、「授業がわからない→親が家で教える→<わからない>の常態化→ますます親の負担が増える→・・・」の負のループに入ってしまいました。私が教え込むあまりに、のびこの考える機会を奪っているのではないかと自問することもしばしばありました。

f:id:nobikomama:20210311002309p:plain

のびこも成長するにつれ、「ママ、待って。先に言わないで。自分で考えるから!」と言うようになってきて、「教え込む」ことは減りましたが、親主導の受験であったなというのが終わってみての私の反省でもあります。
私はのびこの成長を待つのではなく、塾のカリキュラムについていく方を優先したからです。成長を待っていては入試に間に合わないと思ったからです。

それがのびこの今後にとって、よかったのかどうかはわかりません。「中学受験は親子の受験」の弊害だと言われてしまうかもしれません。
けれど、「私が我慢して手を出さずにいたら、果たしてのびこは自分で塾の授業についていけるようになっていたのか。そして、同じ結果を出せたのか。」と考えてみると、おそらく、ムリだったのではないか・・・とも思うのです。

 

塾の内容が難しすぎる

この問題の難しいところは 中学受験のレベルがそもそも普通の小学生にはムリゲー だということにつきます。
この場合の「普通」というのは中学受験界における普通「小学校のテストではほぼ100点である」という意味です。ものすごい乖離です。
もし、今の小学校の勉強が発達段階に見合った【年相応】のものであるなら、今の中学受験のレベルは<子どもの>理解力や成長というワードで対応可能な範疇なのか、甚だ疑問です(今の小学校の学習については疑問も議論もあるでしょうが、中学受験のレベルもまた極端すぎる)。
また、今の中学受験の層が広く厚くなっていることを考えると、「地頭」うんぬんの話で終わらせてもらっても困る。

 

どこまでいくのか、中学受験

中学受験についての説明でしばしば耳にするのがこの言葉。
「前は〇年生で出てきた単元なんですけど、今は前倒しで・・・」
「前は難関校で出た問題なんですけど、今は中堅校で・・・」

のびこと勉強している間、「中学受験は親子の受験」のスローガンのもとに、
「親子で頑張る→受験生のレベルが上がり、差がつかなくなる→中学校側も問題を難しくせざるを得ない→塾のテキストも対応せざるを得ない→子も親も対応してしまう→受験生のレベルがさらに上がる→・・・」という魔の無限ループに自分が取り込まれていると感じていました。そして、我が家はアップアップの青息吐息状態ではありましたが、私がフォローすることでこのループに加担してしまったようにも思うのです。

この無限ループに終わりはあるのでしょうか。
もう今でさえ、親も子もいっぱいいっぱいの飽和状態と思われるのに、どこまでレベルは上がっていくのでしょうか。私は空恐ろしい気さえするのです。

  

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

入塾したての4年生さんたち。苦しい時ではないでしょうか。
私もブロガーの皆様の記事をたくさん読ませていただきました。
私の記事もいつかどなたかのお役に立てますように、細々とでもブログを続けていきたいと思います。